ニュースリリース 8.

Harmonyから皆様へ重要なお知らせです。8件目

民事訴訟判決(発信者情報開示:現 代表理事 前川宗彦氏:ウクライナ結婚支援協会)についてのお知らせ【8件目】

昨今、匿名を利用して、ウェブサイト上で、弊社に関する事実に反する投稿、誹謗中傷する投稿、営業誹謗妨害行為、が多数継続してなされております。これらに対し、弊社は該当ウェブサイト運営者及びプロバイダに対し、当該複数投稿の発信者情報開示を求める仮処分・本案訴訟を各裁判所に提起しておりましたが、先般、さらに別の一つにつき、大阪地方裁判所は、弊社の名誉毀損主張を全面的に認め、開示を認容する判決を下しましたのでご報告申し上げます。

2017年9月13日言渡判決

大阪地方裁判所

平成29年(ワ)第3971号発信者情報開示請求事件

この判決後、経由プロバイダより発信者の情報が開示されましたのでご報告申し上げます。

判決書
発信者情報開示通知書
代表者事項証明書

■発信者(投稿者)情報

氏名: 前川 宗彦

■上記発信者(投稿者)による書込み内容の一部

投稿記事_20170913_1

■弊社の考え方(皆様のご判断にお任せしますが・・・)

※今更、申し上げるまでもありませんが、当然のことながら、弊社が国民生活センターから詐欺で訴えられているといった事実も一切ございませんし、代表中村においても、上記書込内容のようなことは一切ございません。

まず何よりも驚きましたのは、今般、大阪地裁の開示を命じる判決で明らかになった前川宗彦氏ですが、弊社の同業他社である一般社団法人日本ウクライナ結婚支援協会(現地法人代表:高垣典哉氏)(以下「支援協会」といいます。)の『代表理事』(日本法人)をしているようです。(上記投稿後に代表理事に就任した模様です)

既にお伝えしましたとおり、これまで、匿名に隠れて、弊社を誹謗中傷することを繰り返し、東京地裁・大阪地裁の各判決で明らかになった人物として、

宮川孝昭
国際結婚業者『リアルブライド』を運営し、支援協会と業務提携(『日本事務局』)(刑事告訴提出済

三木政和
支援協会と業務提携関係(『海外美女通信』等)。支援協会を宣伝広告してアフィリエイト収入を得る。ネット上に『ハーモニー被害者の会』等の全くの架空団体を立上げ、連日、匿名に隠れて弊社を誹謗中傷(刑事告訴済

以上の2名が明らかとなっておりましたが、今般さらに、

前川宗彦
支援協会の代表者=『代表理事』をつとめる前川宗彦氏なる人物も、就任前に弊社を誹謗中傷していたことが、大阪地方裁判所から開示を命じる判決で明らかとなりました。(刑事告訴予定

これら国際結婚の同業者ないし業務提携者の方々が、匿名に隠れて、弊社を誹謗中傷していたことは、誠にもって遺憾の極みでございます。

さらに、支援協会に関しましては、『週刊新潮』の記事なども出ており、これが真実であるなら本当に悲しいです。今後、真相の解明が待たれます。

発信者情報開示通知書_20170929_ケイ・オプティコム

支援協会代表者事項証明書

このような情報も、国際結婚に興味関心をもたれ、人生の伴侶を真剣に探していらっしゃる皆さまに関わりのある大切な公共の事実と思いますし、また、そのような目的でのみ、本報告をさせて頂きました。最後に、この度の訴訟に関しまして、本当に多くの会員様達及び法曹界の方々に、多大なるご協力を賜りまして、この場を借りて、心から感謝を申し上げます。今後も、このような書込みに挫けることなく、会員様のご期待に添います様、誠心誠意、サービス向上に精進させて頂きます。どうぞ、今後とも相変らぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

平成30年1月18日

Harmony 運営統括 中村

皆様へ重要なお知らせ(判決等)のまとめ』はこちらをご覧ください。

 

Page Top