ロシアとのビザ・時差・飛行時間について

ロシアとの時差・飛行時間についてのページです。下記のボタンをクリックすると内容が切り替わります。

■ ロシアとのビザ

  • ビザ

    観光ビザの取得には旅行の予約確認書であるバウチャーと、現地旅行会社からの招待状(旅行確認書)が必要。
  • パスポート

    入国する場合、パスポートの有効残存期間は出国期限より6ヵ月以上必要。
    ビザの申請の際には、少なくとも見開きで2ページ以上の余白があること。
  • 入出国時

    入国する場合、入出国カードの記入と提出が義務付けられている。
    入国審査の際半分が返却され、出国の際その残りを提出する。
    また規定された以上の通貨や物品を持ち込む場合は、税関申告書の提出が必要。
  • 滞在登録

    ロシアにおいて7労働日以上同じ場所に滞在する場合、滞在登録が必要。
    通常の観光でロシアを訪れる場合は、ホテルに宿泊した際に自動的にこの登録がなされるので、この滞在登録に関して心配する必要はない。

■ ロシアとの時差

Member's Only内『渡航ガイド』の『航空便等のご案内』には、『現地時間』を掲載しております。

  • 日本との時差

    カリーニングラード:-6時間
    モスクワ:-5時間
    サマーラ:-4時間
    オムスク:-2時間
    ※通常の時間差、サマータイムは下記を参照して下さい。
  • 時差とサマータイム

    ロシアには9つの時間帯があります。日本との時差は最西端の飛び地カリーニングラード州でマイナス6時間、モスクワ、サンクトペテルブルクを含むヨーロッパ・ロシア地域のほとんどはマイナス5時間、ハバロフスク、ウラジオストクなど極東地方はプラス2時間、東端のチュコト半島はプラス3時間。2011年にサマータイム制度が廃止され、かつての夏時間が標準として設定された。 国内を移動する際に一番気を付けたいのがこの時差のことです。現在は航空なども現地時間でスケジュール運行されている場合が多いですが、昔の習慣を守ってモスクワ時間で運行という場合もあります。切符を手にしたらまず現地時間かモスクワ時間か確認して下さい。

■ 日本からの飛行時間

Member's Only内『渡航ガイド』には、『航空便等のご案内』を掲載しております。

  • ヨーロッパ・ロシアへ

    モスクワまでのフライト時間は、およそ9時間20分~10時間10分
    サンクトペテルブルクまでのフライト時間は、およそ9時間45分~10時間20分
    いずれも成田空港からの直行便の場合、通常成田への帰路のほうが飛行時間は短い
  • 極東へ

    成田空港からウラジオストクまでのフライト時間は、およそ2時間15分から2時間35分
    新千歳空港からユジノサハリンスクまでのフライト時間は、約1時間20分
    いずれも直行便の場合

▲ Page Top